2017

06/27 Tue

とうほく復興カレンダー 0 【東北桜紀行】日本さくら名所100選、柴田町船岡城址公園

とうほく復興カレンダー 0 星が綺麗に見える村を知っていますか?~星の村天文台~

  • 番組表 仙台シティプロモーション映像2016
  • おすすめ番組 【MV】 笑顔の花が咲く 【介護のテーマソング】
  • とうほく復興カレンダー 迫力満点!なまはげ柴灯まつり
  • とうほく復興カレンダー 幻想的な日本三大夜桜 ー新潟県「高田公園」ー
  • とうほく復興カレンダー 【東北桜紀行】日本さくら名所100選、柴田町船岡城址公園
  • とうほく復興カレンダー 東北桜紀行 大河原町「一目千本桜」
  • とうほく復興カレンダー
  • 「わせねでや」 想いをひとつにして 歌で世界に発信
You need Flash player 8+ and JavaScript enabled to view this video.

「わせねでや」 想いをひとつにして 歌で世界に発信

ヒザシでございます。
3.11の大震災の後に宮城県塩釜市 桂島で生まれた歌があります。

「わせねでや」=宮城の方言で「忘れないで」という意味です。

この歌は宮城県内で既に多くの方たちに歌われており、震災を機に改めて私たちが感じた故郷・家族・友人・自然を愛する気持ちが大切、忘れないでというメッセージが込められています。

2015年3月17日。国連防災世界会議が行われている仙台市、東京エレクトロンホール宮城でこの歌が合唱され宮城から世界へその思いが発信されました。

合唱参加人数は総勢170名。

県内各地から集まった合唱グループが、想いをひとつにして、世界中の人々へ向けて心を込めて歌いました。

曲の途中で語るセリフは、生徒自らが考え発言したものです。

次代を担う若者の強い決意と優しさが、国内だけにとどまらず、世界と共に新しい世界を築きあげていきます。

どうぞお聞き下さい。

「わせねでや」 (合唱)

作詞:桂島”うた”プロジェクト

原詩:内海和江

作曲:ヒザシ

編曲:内藤淳一

【合唱】
金剛沢小学校/西多賀・八木山中学校 合唱愛好会”Ami Choeur アミ コール”/ジュニア&ユースコーラス “Raw-Ore”
仙台市立第一中学校 合唱部/宮城県仙台西高等学校 合唱部/宮城県仙台南高等学校 音楽部 合唱団
宮城県塩釜高等学校 合唱部/宮城県仙台第二高等学校 合唱部/こーる・ゆう/宮城三女OG合唱団
【指揮】内藤 淳一

【ピアノ】及川 久美子

【手話】穀田千賀子

※「わせねでや」とは

宮城県塩釜市 桂島に住む内海和江さんは震災後に綴った一遍の優しい詩があります。
それは、津波の被害に遭いながらも、海を愛し、自然を愛し、家族・友人・故郷を大切にしようという優しい気持ちが込められた詩でした。
仙台の作曲家ヒザシが、この優しさあふれる内海さんの詩を後世に、多くの人に伝えたいと思い、曲をつけて生まれたのが「わせねでや」でした。
この歌が多くの人々に歌われ、もっともっと優しい世の中になってほしい。震災の記憶を受け継いで欲しいという想いが込められています。

日本東北!中文版 Japan Tohoku いわてれび 仙台ストリートスナップ 仙台ラーメン広場 ถูกใจ! ญี่ปุ่น โทโฮกุ 仙台美系女子 仙台ランチ 奇幻日本東北 台灣地區
HALAL MEDIA JAPAN